いやいや期

1歳を過ぎると「やだ」ばかり。


「帽子をかぶろうね」「やだ」

「靴持ってきてね」「やだ」


全身全霊で語る自己主張。

自分が世界をどう動かせるのか…

試してみたくなるんだね。


「じゃあ、帽子、ここに置いておくね」

「じゃあ、靴下と靴、どっちを持って行く?」


そう。

自分で決めてみたくなるんだね。


廊下でつっぷして泣いているキミ。

ママの「帰るよ!」を完全拒否。


ちょっと隣に寝転んでみると

びっくりするキミ。

ヒソヒソ話で内緒のお話ごっこ。


「もう、お昼の時間だね。

お昼ご飯はなんだろうー?」「・・・」


「今日はどんなお靴で来たの?

何色?ピンク色?かわいい?」「・・・」


しばらくすると、靴箱に走り出すキミ。

「これよ、これ。うさぎさんのなの!」

「わぁ~かわいいね~。一人で履けるの?」


大人だって

気持ちを切り替えるのは

簡単じゃなかったりするから


どうしたら

次が見つかるのか

あれこれ一緒に考えてみようね。


ほら

大好きなママが

むこうでキミを待っていてくれるから。


pic 子ども達からのプレゼント♡ 

「みかん「」と「にんじんはっぱ」」


ぱおの部屋

海の近くの一軒家で 小さな発達支援室「ぱおの部屋」 をはじめました。 アットホームな雰囲気の 発達相談&モンテッソーリ教育のお部屋です。 赤ちゃんから就学前後のお子さんを対象に ことば*こころ*からだの発達支援を行います。 園や支援級、公的機関で出会った 沢山の子ども達から 教えてもらったこと… 子ども達が持つ ” 発達する力 ”  を大切にしています。